mecchiのほのぼの生活

福岡県に暮らしている主婦が、お出かけ、体にいいこと、感動したことなど毎日のちょっとした出来事を書いています💕

疲れた日にカレーライスを作る理由。

その日は立て込んだ用事を日中に片付け、帰宅後とても疲れていた。

 

疲労困憊な日

 

あぁ・・・

どうにかこうにか家に帰ってきたはいいが、とにかく全身がだるい。

非常に疲れている。

家に帰ってくると疲れが余計に出てくるのは気のせいだろうか?

帰ってきたってことで、安心してるのだろうな・・。

 

 

でも帰ってきたら帰ってきたで洗濯物取り込まなきゃ・・・。

天気も良かったし、しっかり乾いてることだろう。

尻を叩き、どうにか動く。

お次は畳まなくては・・・。

それが終わればご飯作らないとね・・・。

あぁ、もうこんな時間。

きついけど、とにかく動けーわたし。

 

 

ためいきとともに動く。

 

 

なぜカレーライス?

 

鉛のように重たい体で作った晩御飯はカレーライスだった。

 

そこで気がついた。

わたしは疲れた日はかなりな確率でカレーライスを作っているということに。

 

なぜ疲れた日にあえてカレーライスばかりをわたしは作るのか?

自分に問う。

 

悩む主婦

 

 

 

 

わたしの中で、カレーライスは手軽なイメージがある。

でも実際手軽なのか?

よく考えるとそう手軽では無い気がするのだ。

 

 

 

まず、何種類もの野菜をカットする。

この地点で結構おおごとな作業ではないのか。

疲れてるならなおのことだ。

 

 

そして切った野菜は炒め、水を加え、野菜に火がとおるのを待つ。

ここまでくれば後はもう楽勝だ。

 

 

あとはルウを入れ、とろみがつくまでグツグツ・・。

 

 

ちなみにルウは毎度二種類を入れている。

 

二種類入れるのにはわけがある。

わたしの母が作るカレーはコクがあり、すごくすごくおいしい。

なぜこんなにおいしいのか聞いたら、二種類のルウを入れるから!という回答が返ってきたのだ。

 

それからわたしも二種類いれるようにしたのだ。

確かにこれだけですごくコクが出る

ボーっとした味がグッとしまる

 

 

我が家は夫は辛党だが、その他は全員辛いのは得意ではない。

なので自動的に甘口カレーが提供される。(夫、かわいそう。)

 

 

しかし甘口同士の組み合わせだと、とにかく甘ーーーくなりすぎるので、甘口+中辛の組み合わせが我が家的にはベストなのだ☆

 

 

甘口のルウは毎度バーモントカレーを使用している。

これは外せない。

バーモントカレーはおいしい。

個人的に好きだ。

 

 

by カエレバ

 

 

 

 

一方中辛のほうは特にコレだ!って言うメーカーのは無い。

スーパーで毎度自由に選んでいる。

 

 

隠し味はオイスターソースを最後にちょっと加えるのが、コクが出て一番ベストなように思う。

 

 

by カエレバ

 

 

オイスターを切らしてるときは焼き肉のたれを代わりに使う。

 

 

by カエレバ

 

 

 

話はズレまくったが、自分の中で疲れた日に作る料理No.1のカレーライス。

割と手間がかかるのになぜよく作るのか。

考えてみた結果・・・

 

・ガッツリくるのでしっかり食べた!という満足感がある。

 

・なので何種類も作らなくても、最悪これだけでも全然イケるやん♪という安心感がある。

(と言いつつ毎回サラダは作っているというこの現実。)

 

・おおかた1日じゃ食べきれないことが多く、翌日に回せるので、翌日ラクができる。(やった!)

 

・カレーなら子供も好きなのでメニュー何にしよう?といちいち悩まなくて良い。

 

 

 

こんな感じだろうか。

 

具材は割とたくさんカットしないといけないので、疲れてるときは非常に手間だが、上のような利点があるからわたしはカレーをよく作るようだ。

 

自分の謎が、ひとつ解けた。

 

 

☆  ☆  ☆  ☆  ☆