mecchiのほのぼの生活

福岡県に暮らしている主婦が、お出かけ、体にいいこと、感動したことなど毎日のちょっとした出来事を書いています💕

我が家のインフルエンザ予防接種。

 

 

先日、インフルエンザの予防接種を受けてきた。

 

 

コスモス

 

 

今年もやってきたか・・・

腕が泣くこの季節が・・・( 一一)チッ

 

 

チクッ?

 

うつときに、「チクッとしますよ」と言われるが、大抵の場合チクッとじゃ済まない。

正確に言えば、ヂガッ!!では無いのか?

これ毎度思う。

 

 

過去に一度だけ痛くない人に当たったことがある。

あれは本当に最高だった✨

あの日のわたしはツイていた。

 

 

毎年インフルエンザの予防接種は受けるので、そのたび「あぁ・・またあのときみたいに、痛くないひとだといいな♪」と夢を見るが、大抵儚い夢のままで終わる。

 

 

我が家の場合

 

ちなみに我が家の家族構成は・・。

夫、わたし、娘3人の計5人家族。

 

毎年あれだけ流行るインフルエンザ・・・。

予防接種は全員受けておくのが一番良いのだろう。

 

が!

そうなってくると一体いくらかかる?と金銭的問題が生じてくる。

暗算が苦手なくせに、このときばかりは脳内で電卓をたたくのが異様に早い。

 

 

そこでわたしは試行錯誤を繰り返した。

一体どうすれば、ベストなのか。

 

 

考えた結果

 

当然ベストなんて無く、結局編み出したのはわたしひとりが接種することだった。

 

うちの3人娘の場合は年齢的に、ひとりにつき2回の接種が必要となる。

 

長女は、大、大、大の注射嫌い。

小学生だが、注射を目の前にすると、普段物静かなのにひとが変わったかのように発狂する。

注射が化け物にでも見えるのか?

2回も接種だなんて、彼女の場合、まずアウトだ。

 

それではどうにか予防するしかない。

手洗いうがいは当然のこと、普段から防げる手は・・

 

マスクだ。

これしかない。

 

結果、毎年彼女は、11月頃から春先まで、マスク着用で登校するようになった。

本人も全然マスクを嫌がらないので助かっている。

このスタイルになってから、クラスでインフルエンザが流行っても、うつったことはまだない。

今年もマスクで決行だ。

 

 

マスク 女の子

 

 

 

次女、三女に関しては、注射嫌いってわけではないが(もちろん好きでもない)2回もうつのかわいそうだなあと正直思ってしまうのだ。

 

小さい子が痛い思いを2回もするのがどうにも耐えられない。

 

もちろんうたずにインフルエンザにかかるのも嫌だけど。

 

しかしこのインフルエンザ、痛い思いをして予防接種しても、絶対にかからないってわけではない。

うつるときはうつる。そんなタチの悪い病気なのだ。

 

うってもうつる可能性があるのなら、それならもううたずにいよう。

そう決めてから予防接種は特にしていない。

 

 

 

主人は・・・

大の注射嫌いである。

どう説得しても、絶対にこの男は予防接種はしない(。-∀-)

 

おそらく先端恐怖症なのだろう。

注射の痛みは平気なのに、それより注射針の先端が体内に入るっていうのがどうにも気持ち悪いそうだ。

というわけで彼も毎年マスクでしのいでいる。

 

 

マスク 男性

 

 

 

 

わたしは・・・。

さっきも書いたが、毎年接種している。

なぜお母さんだけ?って問われそうだが、これも考えた末のことなのだ。

 

ひとことで、「家事が回らないから」というリアルな現実があるからだ。

 

わたしが倒れたら間違いなく家の中は回らない。

子供の世話のほかに、家事のあれこれはとても細かく無数にある。

病気のときくらい最小限で!って声も聞こえてきそうだけど、最小限に抑えたとしてもやることは多くあるのだ。

それを夫に丸投げしても、到底こなせない。

 

母や義母に頼ることもしたくない。

うつす可能性があるからだ。

世話してもらってうつすって、こりゃあんまりにも申し訳なさすぎる。

 

 

実は実はこのわたし、4年前くらい?に1度だけインフルエンザに感染したことがある。

(↑ 実は・・ってもったいぶって言うほどでないが)

 

次女がちゃっかりインフルエンザに感染してて、それがうつったのだ。

 

そのとき家族で予防接種してたのはわたしだけだった。

 

きつさは普段の風邪が少し重くなった程度だった。

でも普段の風邪と違うのは、はじめはただの風邪だと思っていたもので、いくら市販の風邪薬を飲んでもまず治らないということ。(当たり前だけど)

 

そしてもうひとつ違うのは、どんなに寝てもなかなか治らないということ。

いや、寝て起きたハナは調子がいいのだ。

でもそれはそこ5~10分くらいの話で、すぐに立っていられないほどきつくなって、横にならないと耐えれなくなった。

あと、尋常じゃないくらいナゼか背中が痛かった。

ダルく、ヒリヒリしていた。(なぜ背中?!)

 

 

予防接種をしていると、インフルエンザにかかっても軽く済むという噂を聞いたことがある。

だけどわたしはあのとき予防接種しててもじゅうぶんにきつかった・・・。

 

これでもし予防接種してなかったら・・・の場合を考えると、とてもじゃないけど家事なんかできないであろう。

家族の食事の世話だったり、他の家事をあれこれやるのも到底無理だ。

 

なので、もしうつってしまっても、ある程度は動けるように!!(実際動けるのかは謎だけど)と、毎年わたしだけ予防接種をすることにした。

 

 

まとめ

 

割とどこのお宅でもこの時期、今年のインフルエンザ予防接種はどうしようか?と考えておられる家庭は多いのではないだろうか。

わたしの周りのママさんたちも多くのかたが「どうしよう」と悩んでいる。

 

ベストは家族みんな予防接種!がやっぱり一番なのだろう。

 

病気にかからずに済むように、自分でできる予防策などもまた書いていきたい。

 

 

 

 

ビオラ

 

 

やっぱり元気が一番だ٩( ''ω'' )و

いやっほーーーーい☆

 

 

それではまた^^

 

 

☆  ☆  ☆  ☆  ☆