mecchiのほのぼの生活

福岡県に暮らしている主婦が、お出かけ、体にいいこと、感動したことなど毎日のちょっとした出来事を書いています💕

朝からものまねに燃える。

その日は朝から晴天だった。

 

いつものラジオから

 

朝、娘たちを車で幼稚園へ送り、その帰り道。

いつも聴いてるラジオが流れている。

 

 

以前も書いたけど、わたしは晴天だとテンションが格段にあがる。

晴天=ご機嫌といった具合だ。

 

 

この日も気分上々。 

 

 

お!

ラジオからいつものダンディーな声が聴こえてきた。

ちなみにこれはCMだ。


めちゃくちゃ低音の、とにかく低音の、ものすっごい低音の!声の感じからいくと、50歳前後の男性かな?


びっくりするくらいお色気たっぷりの艶声なのだ。

 

 

艶声をじゅうぶんに活用し、滑らかにしゃべるそのCMは、耳を大きくしてなぜかしっかり聴き入ってしまう。

 

 

 

しかも毎日流れるこのCM。

時間的には10秒くらいか?

 

 

むむ・・・。

今日も流れて来たな・・・。

闘いを挑まれた気分になるのだ。

 

 

こうなったらもう、ものまねせずにはいられない。

 

 

朝から無駄な挑戦が始まる。 

 

 

わたしは女性だが、超低音ボイスだ。

がんばれば女性代表として、このかたの声そっくりさん5位以内に入れるかもしれない。

 

もうセリフもほとんど記憶済みだ。



わたしの勝手なイメージだが、このひとはきっと藤岡弘、に似ている。

見た目そっくりに違いない。

 

 

肝心の声のほうは、その藤岡弘、の低音ボイスを、かなり艶声にしたイメージだ。 

少し得意げに、でも色気を忘れずに、流暢にしゃべるのがポイントだ。

 

 

まずは聴いたまま、すかさず真似てみる。


ここでさらなるポイント!

聴いてすぐ真似ることだ。

これはとても大切だ。

少しでも間が空くと特徴が脳裏から離れていくのだ。

 

 一発目、真似てみて・・。


むむ。

ちょっと違うな。

もっと低音で色気を含ませないと。

 

 

もう一度真似る。

 

 

駄目だ。

身ぶり手ぶりまでいれたものだから、オーバーな艶声になり過ぎだ。

 

 

ええい、ならばもう一度。

 

 

駄目だ。声が細い。

もっと厚みのある太い声にしないと。

 

 

さらに真似る。

 

声の深みが足りない。

うーん、むずかしい。

 

 

セリフを言うとき、少し笑みを含ませながら、ダンディーさによりいっそう近づけみる。

 

 

ついにはうまくやろうと意識しすぎて、本人に近寄ってきてたのが遠のいてしまった。

 

こうなってくると、じゃっかん投げやりになってくる。

 

 

でも最後の彼の決めゼリフだけは似せたい!!!

ここだけは!!

ここだけは似せたいのだ。

 

 

そのセリフとは、


「お聴きのステーションで、お耳にかかりましょう!!」

 

 

本人が言うこのセリフは、このうえなくダンディーだ。

二か所にある「お」の部分をやや強めに発音するのがポイントだ。

 

 

練習は何度も続く。


学生時代帰宅部で、熱い部活動も未経験なのに、なぜかこんなことだけは熱心にやってしまう。

 

 

そして、猛特訓のあと、わたしは気づく。

 

 

朝から車でひとり何をやってんだ?と。


それに気づき、ひとりニヤニヤが止まらない。

 

 

でも耳にしたら離れないんだよな、あのCM。

真似せずにはいられなくなるのだ。

 

 

この気持ちが分かる方もきっとおられるであろう。

(いや、いてほしい。)

 

 

明日の朝も、同じ時間に車中で闘っているのだろうな。 

声そっくりさん3位以内に入るのを目指して。

 

 

f:id:mememegmeg:20191016125000j:plain

 

 

 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆