mecchiのほのぼの生活

福岡県に住む主婦が、毎日のちょっとした出来事を書いています( ◠‿◠ )

さくらももこ著書「もものかんづめ」の感想。おもしろ過ぎる!

 

わたしの本好きはとどまることを知らない。

読書は異次元の世界にワープできる。

 

なので図書館通いの日々は続く。

忙しくても、ちょっとでも本を読めばリラックス。

 

今日は最近読んだ本を紹介したいと思う( ̄▽ ̄)

 

 

さくらももこ著書「もものかんづめ」

 

ちびまるこちゃんでおなじみ、さくらももこ先生のエッセイ。

 

もものかんづめ さくらももこ エッセイ 面白い

 

随分前に出版された本だが、口コミが良かったので、このたび図書館で借りてみた。

 

 

感想

 

もう爆笑だ。

わたしのツボである(笑)

 

しょっぱなからウケてしまった。

 

「ちびまるこちゃん」の世界そのものだ。

 

著者のさくらももこさんの体験談が綴られているのだが、それが面白すぎる。

著者のどこかシビアで冷静な視線がたまらない。

 

ブログをやりだして、ブログってモロ文章の世界だから、文のみでの表現ってこんなに難しいのかーーと思うことが多々あるなか、このかたは絵のみならず、文章表現もこんなに豊かなのだなあと脱帽するばかりだ。

 

「ちびまるこちゃん」でおなじみの父ヒロシや母、姉も登場するので親近感が湧き、一層おもしろい。

 

「ちびまるこちゃん」はわたしが小学生くらいのころに漫画で読んでいた。

 

日常をほのぼの綴る漫画が少なかったあの時代、「なんて面白いんだ!」とドハマリした。

人気はうなぎのぼりでいつしかテレビで放送されるようになった。

 

 

この歳になり、久しぶりにさくらももこさんの書物に触れあってみて、改めてその面白さに驚かされた。

 

吹き出すどころか、ゲラゲラが止まらない。

著者の面白さが炸裂している。

トホホ・・な出来事ばかりだけどなぜだかとても笑える。

 

ものごとを見つめる視線に長けたひとなんだなあと思う。

 

ちょうどこの本を読んでいるとき、ちょっとした悩みのようなもの(ストレスに感じること)を抱えていたわたしだったが、「そんなもんたいしたことないな!」とまで思ったほどの笑いの渦で背中を押してもらった。

 

 

まだ読まれたことのないかた、また、次は何を読もうかなーと思ってるかた、ぜひ一度手に取ってもらいたい(´_ゝ`)

 

 

 

by カエレバ

 

 

 

↓ 他にも色々出てるようなので、これらも読んでみたいと思います♪

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

 

by カエレバ

 

 

たのしみだ( ◠‿◠ )