mecchiのほのぼの生活

福岡県に暮らしている主婦が、お出かけ、体にいいこと、感動したことなど毎日のちょっとした出来事を書いています💕

子供にかける言葉。

うちの長女(小4)は

絵を描くのが好き。

 

 

わたしと

よく似ている。

 

 

わたしも小学生のころ

少女漫画のような絵を

ひたすら描いていたものだ。

  

 

おめめキラキラ系の☆

 

 

いままさに長女がその状態だ。

ハマッている(笑)。

 

 

親のわたしが言うのもなんだが

この歳にして上手だと思う。

(親バカ?)

 

 

 

f:id:mememegmeg:20190421233933j:plain

 

最近くれたお手紙に

描いてあった絵。

 

 

裏には↓

 

f:id:mememegmeg:20190421234036j:plain

 

 

 

コクられました(〃ω〃)❤️

ありがとう(*´ェ`*)

 

 

 

 

と、話はそれたが💦

 

 

今後の絵の成長を

勝手に楽しみにしている(笑)

 

 

って、、、

くだけた絵ばかりを

描いているわたしが

こう言うのも

大変おこがましいけど。゚(゚^Д^゚)゚。

 

 

 

わたしが彼女の歳のころは

ひとりで切磋琢磨して

沢山の絵を描いていた。

 

 

うまくできた絵は

自らで褒め( ̄▽ ̄)←

納得のいかない絵は

なぜうまく描けないのか

研究していた(-""-;)。

 

 

すべてが自力。

 

 

 

そうそう!

クラスに絵がとてもうまい子がいた。

 

 

わたしは競争心を

密かにメラメラと

燃やしていたものだ(笑)

 

 

彼女は

ほんとに絵が上手だった。

かなわないなと

心の底では思っていたのだけど。

 

 

でも負けたくないと思っていた。

( ̄▽ ̄)

 

 

そこは今でも覚えている。

 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

 

 

一方、娘は

わたしに絵に関してのことを

何でも聞いてくる。

 

 

少々他力?なとこがある(笑)

 

 

ここはどうしたら

うまくいくかな?

ママならどうする?など。

 

 

わたしは一応は答えるけど

ざっとしか答えない。

 

 

自分で考えてほしいから。

(  ̄- ̄)。。。

 

 

ひとに聞くと

ひとの絵になってしまう。

 

 

オリジナリティーが

無くなってしまう気がして。

 

それは彼女にもそう伝えてあるのだけど。

 

 

 

するとコクンとうなずいて

また描きだす。

 

 

さて、解釈できたのかな( ´~`)?

 

 

 

漫画家になってほしいなど

本格的なことは

一切思ってないのだが(´ー`)

 

せっかく好きなことやるのなら

オリジナリティーは

大切にしてほしいよね。

 

 

「わたしのこの絵は下手だよね?」

 

とも、しょっちゅう聞いてくる彼女。

 

 

もともとが

自分のなんにおいても

自信のないタイプ。

 

 

「そんなことはない。

とてもすてきだよ。」

ととにかく褒めて

自信を持ってもらうのが

ベストだと思い

そう言っていた時期もあった。

 

 

てゆうか

実際うまいと思うんだよ。

(親バカ?笑)

 

 

でも娘の反応は

「えっ♡本当?」

とかそんなのではなく

 

「でもここがー」とウジウジ言う。

( ̄~ ̄;)

 

 

褒めてもウダウダ、、、

 

どう言えばいいのか(;´Д`)。

 

 

 

 

もともと

娘のネガティブ発言が

どうにも好きではないわたし。

( ・ε・)

 

 

なので

否定した聞き方を

してこられると

「そんなことはない。素敵よ。」

とひたすら言い続けるのは

わたしには無理があった。

 

 

なのでこの頃では

そんな聞き方をしてくると

ただ褒めるのではなく

わたしのなかの言葉で

言うようにした。

 

 

「自分が素敵と思えば

それは素敵な絵だと思う。

下手だと思えば

それは下手な絵。

描くのは自分。

決めるのも自分。

人がどう言おうと

自分がうまく描けたと思えば

それは素晴らしい絵。

わたしのこの絵は下手だよね?

と今聞いてきたけど

本当にそう思って聞いてるの?」

と聞いてみた。

 

 

すると彼女は

首を横に振る。

 

 

やはり・・・

心の中では

完成度の高い絵なのだ。

 

 

否定した聞き方をしているだけなのだ。

 

 

うーん、

まわりくどい!!。゚(゚^Д^゚)゚。

 

年頃女子だからか?!

 

 

そんな言い方してこなくても

いっそのこと

 『ママー!

上手に描けたよー(*´∇`)』

じゃダメなのかしら?(笑)

 

 

絵以外のなんにおいても

「わたしのこれは下手だよね?」と

ネガティブニュアンスで聞いてくる。

 

 

 

なんにおいても

とりあえず 

 

自信を持ってほしい。

 

 

だけど自信を持てと言って

持てるものではない。

 

 

わたしなりの言葉で

それをどう伝えようか

日々模索していて。

 

 

長女は自分と

性格が真逆なので難しい。

 

 

わたしは単純( ̄▽ ̄)

 

褒められれば

どんどん伸びるタイプ。

 ↑

扱いやすいよ(笑)!

 

 

長女は褒めても

うーん、、( ̄~ ̄;)と

冴えない表情のパターン多し。

 

 

自信のない子は

褒めたほうがいいと言う。

 

 

それはそうだと思うけれど

褒めるだけではなくて

なんだろな、

 

もっと奥底に

なにかがある気がして

それをしっかり見極めて

それに対する言葉かけを

どうしたらよいのか

わたしはずっと模索している。

 

 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

 

 

子育ては

楽しい面もあるけれど

ひとりの大人へと

育てていくのは親。

 

責任は大きい。 

 

 

かける言葉の

ひとつひとつにしても

考えるよなぁ。

 

 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

 

 

そして彼女は

自分のお小遣いで

“漫画イラストの描き方”の本を買った( ゚Д゚)

 

 

 

f:id:mememegmeg:20190420182048j:plain

 

 

 

中古だったけど割と高かった。

 

それでもそれを買いたい!

と言う彼女。

 

 

これを真似して練習したら

彼女の持つ個性が

無くなりそうなので

反対はしつつも

 

いろんな絵を見て

それを真似ることも

大事なのかなと思い

買ってもいいよと言った。

 

 

今は

時間があればその本を開き

描いて勉強している彼女(笑)。

 

 

没頭している(笑)。

とても楽しそう。

 

 

子育ての正解は誰にもわからない。

 

 

 

だけど子供が夢中になってる姿って

やっぱりいいよなって思う。

 

 

 

f:id:mememegmeg:20190420182327j:plain

 

 

↑ 勉強中の娘のイラスト(笑)。

 

手本の上に紙を置いて

うつして描いたわけじゃないのに

うまいよなあ。

(親バカ?笑)